ひばりログ

Apple関連やプログラミングなど趣味を書き綴る。

TouchBarを便利にするアプリ『BetterTouchTool』

Macを便利にするBetterTouchTool(BTT)とは

f:id:hibari2978:20190704125645p:plain このようにトラックパッドやTouchBarに

キーボードショートカットや様々なアクションを

作動させることができる魔法のようなアプリです。

設定できる項目

トラックパッドの設定でできること

例えば、Safariに対して3本指でスワイプさせることによりタブを閉じたり、

左や右にスワイプして複数タブの移動など、

少ない動作で手軽にショートカット機能を実行することができます。

TouchBarをカスタマイズ

ここからが本題です。

現在のTouchBarはMacOSのアプデによって

クイックアクションなど多少のカスタマイズはできるようになりましたが、

個人的にはまだ全然です。

しかし、BTTを使えばTouchBarは自由自在!

とても便利に使うことができるのです。

例えば、こちらはFInderに対してのTouchBarです。

f:id:hibari2978:20190704130941p:plain

このようにカラフルに表示したり、好きなテキストで表示することもできます。

上記の設定は、すべてのアプリで表示させる項目と

Finderで表示させる項目の二つからなります。

f:id:hibari2978:20190704131631p:plainf:id:hibari2978:20190704131658p:plain

今の所はこんな感じで設定しています。

FinderでTouchBarで新規ファイル作成したり、

開いているフォルダをVSCodeなどで開いたりすることができます。

ショートカットの便利さ

BTTでTouchBarに割り振ることが多いのはショートカットだと思います。

ショートカットを登録するくらいなら覚えればいいじゃん、という方もおられるかと思いますが、

TouchBarにショートカットを登録することは非常に便利なんです。

もちろんCmd+Z(Undo)やCmd+C(コピー)などはどれにも共通するものだし、

簡単なので、登録する必要はないです。

しかし、アプリケーションによっては最初から登録されているショートカットが多すぎて

このコマンドよく使うけど、押しやすいショートカットキーが残っていないという時に

非常に有効に使えます!

例えば、Ctrl+Shift+Opt+Cmd+Aなど、実用的ではないショートカットを登録しておいて

TouchBarに登録することで、1タッチで呼び出せるので、便利です!

複雑なショートカットにすることで、他のショートカットを汚染することもないので

効率化まちがいなし!

価格

残念ながらBTTを無料で使えるのは期間がありますが、

最安値で360円で手に入ります。

お得感!

ぜひ使ってみてください。